医療福祉業界から期待される制度

医療の現場の負担を軽くするという期待感が持たれているのが、マイナンバー制度です。個人を12桁の番号で識別することによって、医療機関や自治体、薬局などの事務にまつわる負担を軽減することが期待されています。

制度実行の根底にあるのは、高齢化社会の進行という問題です。日本ではいわゆる経済大国と呼ばれる国の中でも高齢化が突出しており、世界中からの注目が集まっています。少子化や生産労働人口の減少などといった問題もあり、一刻の猶予も許されない状況が続いています。このマイナンバー制度の導入は、税金や生活保障、医療介護サービスなどの連携を強化するという意味あいもこめてつくられた制度です。

病院や介護施設などで働く、医師や看護師、ケアマネージャーなどの人手不足の問題などともあわせて、厚生労働省や関連省庁、各自治体は主体性を持って取り組んでいくべき課題であることは間違いありません。このマイナンバー制度に多くの現場が期待を寄せていることは事実ですが、そう簡単に事態が好転するほど甘くはありません。

実際に多くの病院や介護施設の現場において、数少ない人員での運営を余儀なくされており、さまざまな面においてスタッフたちに負担がのしかかっています。過度な労働により、職員がストレスを抱え込んだり、患者や利用者へのサービス内容が手薄になったりなどの問題も顕在化しています。マイナンバーに加えて、これらの問題の抜本的な解決に向けての模索はしばらく続くことになるでしょう。

マイナンバーが導入されたものの、一体どこで役立っているのかわからない人も多いと思います。マイナンバーがなぜ私たちと医療の支えになるのか、その詳細を知りたいならこの参考サイトを一読してみることをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です